銀行の融資担当

マイカーローンの申込みには見積りが必要なの?

マイカー購入の際には、多くの方がマイカーローンを利用します。

ローン自体は購入先のディーラーから提供されているものか、銀行などのマイカーローンを選ぶことになります。

どちらを選ぶかは、金利次第というところになるでしょう。

ディーラーから提供されるものは、総じて銀行などに比べると金利が高いケースが多いので、金利差が大きい場合には、銀行などを利用したほうが後々お得です。

高級輸入車などの場合には、ディーラーからも特別低金利が提供されることもありますので、その場合にはディーラーローンを選びます。

ディーラーの場合には、先方のほうでほとんど準備をしてくれますのでこちらは手間ひまが省け便利です。

しかし、銀行などの金融機関からマイカーローンを申し込む際には見積りなどを用意する必要があります。

 

マイカーローンに申し込むために

まず、車両価格に諸経費を足したものでディーラーに見積金額を出してもらい、見積書を作成して銀行などのマイカーローンに申込みます。

そして、審査に通過し、購入する車が決まったら正式な見積書をディーラーに作成してもらい、それを申込先の銀行などの金融機関に提出します。

事前の仮審査と同レベルの金額であれば問題はないでしょう。

銀行の場合には、そのまま融資金額を購入先のディーラーに振り込んでもらえますので、これですべて終了ということになります。

金利差も問題ですが、銀行などの場合には繰り上げ返済が比較的自由に行えます。

なるべく金利の低い商品で繰り上げ返済できるタイプのものを選択するほうが有利となります。